So-net無料ブログ作成
パソコン ブログトップ
前の3件 | -

Google Chrome でサイトを開くと「安全な接続を確立しています」で停止 Windows 10 [パソコン]

タブレット NEC LAVIE Tab W TW708/BAS
Windows 10 32bit バージョン 1803
Chrome でサイトを開くと「安全な接続を確立しています」で停止して,待たされる又はエラーとなっていた。
LAVIE Tab W の Chrome のみがその状態で,他のパソコンの Chrome は問題なかった。
バージョン1803 で cryptsvc サービスに問題があるようで,タスクマネージャーで cryptsvc のCPU使用率が15%位まで上がっていた。
こちらの Tweaking.com - Windows Repair でリペアしたところ,cryptsvc の CPU 使用率が低くなり,サイトも滞りなく開くようになった。

Tweaking.comからツールをダウンロード・インストールしてDIMM_V2 Establishing secure connection windows 10 FIXに書かれている手順で行った。
Repairs – Main を選び,Preset: Permissions Only ボタンを押す。

スクリーンショット (4) 

スクリーンショット (3)


nice!(1)  コメント(0) 

Windows 10 と Kali Linux のデュアルブート [パソコン]

Aspire V5 ノートはUEFIではないBIOSなので,EasyBCD でマルチブートの設定が可能。Windows ブートローダーでオペレーティングシステムの選択を行う。 
winkalidualboot


Windows 10 のディスクの管理でディスクに空き領域を作っておく。/dev/sda3
Kali Linux 64BitのISOファイル kali-linux-2018.4-amd64.iso から rufus でブータブルUSBメモリを作成では DD イメージモードで書き込む を選択する。
ISOイメージモードで書き込んだ場合,インストール途中のDetect and mount CD-ROMでエラーになった。
それからPartition diskで,Manual を選び,空き領域の /dev/sda3 をext4でフォーマット,マウントポイントは /
Grubインストールは注意が必要。マスターブートレコードに書き込まないようにする。
Install the GRUB Boot loader to the master boot record? で No
Enter device manually を選択。


grubins2


Device for boot loader Installationで /dev/sda3 を入力。


grubins3


Windowsでは,EasyBSD でAdd New Entry。
Type: GRUB(Legacy) Name: Kali Linux    Drive: Partition 3


easybcdnewentry


これでWindows ブートローダーで Kali Linux を選択すると起動する。


Screenshot from 2019-01-03 20-30-53



nice!(0)  コメント(0) 

Driver Booster [パソコン]

ドライバーを最新版へ一括アップデートできるソフト。
Windows 7 も対応しており,9年前のFMVのドライバーを一括更新できた。

Windows 7 は最近クリーンインストールしたが,このソフトで不明なドライバーが一掃できた。


nice!(0)  コメント(0) 
前の3件 | - パソコン ブログトップ