So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

foobar 2000 ハイレゾファイルをダウンサンプリングしてCDを作成 [Stereo]

foobar 2000 のコンバート機能で,形式の異なる複数のハイレゾソースを,オーディオCDフォーマットのCD-Rにライトできる16bit 44.1kHz に一括変換した。
まず,foobar 2000 のコンポーネントに高音質の SoX resampler を追加する。
こちらからfoo_dsp_resampler_0.8.3.zipをダウンロードする。
https://hydrogenaud.io/index.php/topic,67373.0.html
foobar を起動してPreferences –> Components を開き,このzipファイルをドラック&ドロップしてapply ボタンを押す。
foobar のプレイリストで曲を選択し,右クリックメニューからconvert → 一番下の・・・を選択する。

converter setup2


Output format は WAV  16bit を選択する。
Processing はResampler(SoX)を選択して,Configure selected ボタンを押す。
converter setup


サンプルレートを44100Hz,QualityをBestにする。他の設定は意味が分からないのでデフォルト。
resampler settings


Coverter Setup ウインドウでConvert ボタンを押すと,ファイル出力先のパスを聞いてくる。
これで,DSDやFlacの曲も一括コンバートでダウンサンプリングできる。

44.1kHz 16bit のWAVファイルが出力されるので,EACでCD-Rに記録した。
出来上がったCDとハイレゾソースと聞き比べてみたが,どちらも高音質で違いは分からなかった。


Adobe Audition もバッチ処理機能があり,一括で再サンプリングできる。
有料ソフトなので音質がいいと評判のようなので,こちらでもダウンサンプリングした。
これも聞き比べで,違いは分からなかった。


高級ステレオではないので,この比較はあまり意味がないかもしれない。
そんなレベルのオーディオ環境だが,プレイヤーソフトを foobar から TuneBrowser  に変えてみたら,同じソースでもより高音質になった。



nice!(1)  コメント(0) 

BFAタイプのバナナプラグ [Stereo]

ヴィボー オーディオ 24K 金メッキ BFAタイプ バナナプラグ 8本セット収縮チューブ付
BFAは、British Federation of Audio。
プラグ部分が筒状になっていて、アンプやスピーカーのプラグに押し込むと、タイトにはまるので、電導が非常に良さそうだ。
BFAP1080671

スピーカーケーブルは上下2か所のネジで固定する。スピーカーケーブル(撚り線)の末端に銅線(単線)を巻き付けてハンダ付けしている。その詳細はこちら


nice!(2)  コメント(0) 

HDMIダミープラグ HDMIの音声を分離してHi-Res出力 [Stereo]

HDMIオーディオコンバーターFX-AUDIO- HAC-02JはHDMIの音声を分離してRCAアナログ端子や光/同軸のデジタル端子に出力できる。
HAC-02JをHDMIでつないだのみでは,最大24bit 48kHz に制限されたが,HDMIダミープラグのEDIDエミュレーターで,24bit 192kHzまでのハイレゾオーディオソースが出力できるようになった。
hdmi2k


foobar 2000 では,Output – device でwasapi(event),Output format を24bitにして,ハイレゾオーディオソースを再生している。
ただし,エミュレーターのEDIDのオーディオサポート情報を以下のとおり再編集して,再書き込みしている。

Linuxで動作するプログラム edid-rw を使用して,HDMI接続でEDIDを読み書きできる。

Linuxは,Kali Linux 2017.1 (Debian)

apt-get install python-smbus edid-decode
apt-get install i2c-tools
git clone https://github.com/bulletmark/edid-rw
modprobe i2c-dev

エミュレーター(HDMIダミープラグ)をPCのHDMI出力端子に直接接続する。
約5秒で画面が切り替わるので,i2cバスの何番にエミュレーターが接続されているか調べる。

i2cdetect –l
cd edid-rw
./edid-rw 0  | edid-decode | more
./edid-rw 1 | edid-decode  | more
:
/edid-rw 5 | edid-decode | more

Extracted contents:
header:          00 ff ff ff ff ff ff 00
serial number:   19 9f 01 27 00 00 00 00 03 1b
version:         01 03
basic params:    80 3e 22 78 ea
chroma info:     1e c5 ae 4f 34 b1 26 0e 50 54
established:     2f cf 00
standard:        d1 00 d1 c0 b3 00 a9 c0 95 00 81 81 81 00 71 40
descriptor 1:    02 3a 80 18 71 38 2d 40 58 2c 35 00 e0 0e 11 00 00 1a
descriptor 2:    e2 68 00 a0 a0 40 2e 60 30 20 36 00 80 90 21 00 00 1a
descriptor 3:    56 5e 00 a0 a0 a0 29 50 30 20 36 00 80 68 21 00 00 1a
descriptor 4:    00 00 00 fc 00 48 44 4d 49 32 4b 0a 20 20 20 20 20 20
extensions:      01
checksum:        df

Manufacturer: FL_ Model 2701 Serial Number 0
Made week 3 of 2017
EDID version: 1.3

:

自分のケースでは,5番につながっていたので,エミュレーターのEDIDをバックアップする。

./edid-rw 5 > edid_orig.bin

Windowsを起動して AW EDID Editor で edid_orig.binを編集する。
オーディオサポート情報は,CEA Extension,Audio,
サポートするフォーマットやサンプリング周波数を変更追加する。

aw edid editor

更新したEDID情報 edid_upd.bin をLinuxにコピーする。

edid-decodeコマンドで内容を確認する。

edid-decode edid_upd.bin

エミュレーターのEDIDを更新する。

./edid-rw -w 5 < edid_upd.bin

更新内容を確認する。

./edid-rw 5 | edid-decode

EDIDは,256バイトのバイナリで,モニターやオーディオのサポート情報が記録されている。
当初は,EDIDをエディターで直接編集していたが,Windowsのソフト AW EDID EditorDeltacast E-EDID EditorではGUIで編集できる。
直接EDIDをviのバイナリーモードで編集する場合は,

vi -b edid_upd.bin
:%!xxd -> viで編集 -> :%!xxd -r -> :wq!

オーディオフォーマットのサポートは以下のとおり。

1 = Linear Pulse Code Modulation (LPCM)
  2 = AC-3
  3 = MPEG1 (Layers 1 and 2)
  4 = MP3
5 = MPEG2
  6 = AAC
  7 = DTS
  8 = ATRAC
  0, 15: Reserved
  9 = One-bit audio aka SACD
10 = DD+
11 = DTS-HD
12 = MLP/Dolby TrueHD
13 = DST Audio
14 = Microsoft WMA Pro

FX-AUDIO- HAC-02Jの DA コンバーター IC は PCM5102A であり,標準オーディオ(PCM)/圧縮オーディオ(AC3・DTS)対応なので,オーディオフォーマットのサポートは以下のとおりとした。

CE audio data (formats supported)
  LPCM    2-channel, 16/20/24 bit depths at 32/44/48/88/96/176/192 kHz
  LPCM    6-channel, 16/20/24 bit depths at 32/44/48/88/96/176/192 kHz
  AC-3    6-channel,  640k max. bit rate at 32/44/48 kHz
  DTS     6-channel, 1536k max. bit rate at 44/48 kHz

CE speaker allocation data
  Channel configuration.... 5.1
  Front left/right......... Yes
  Front LFE................ Yes
  Front center............. Yes
  Rear left/right.......... Yes
  Rear center.............. No
  Front left/right center.. No
  Rear left/right center... No
  Rear LFE................. No

foobar 2000 の wasapi(event)で,192kHzまでのハイレゾソースが再生できている。
HDMIダミープラグのエミュレーターはHDMI出力がないので,モニターが接続できない。
同じFUERANの製品で,HDMI出力もできそうなタイプのプラグもある。
FUERAN HDMI拡張表示標識データエミュレーターを通す、ビデオスプリッタ、スイッチとストレッチャーに用いられる


nice!(2)  コメント(7)