So-net無料ブログ作成

Windows 10 WSL で Ubuntu 18.04 デスクトップを1発で起動 [WSL]



拡張子 .xlaunch のxmlファイルをダブルクリックすると Xlaunch.exe が起動してUbuntu デスクトップが起動する。終了時はLogout。
gnome.xlaunch ファイルの内容


<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
< XLaunch
    WindowMode="Nodecoration"
    ClientMode="StartProgram"
    LocalClient="True"
    Display="1"
    LocalProgram='ubuntu1804 run "
        sudo service dbus restart &gt; /dev/null;
        DISPLAY=:1 XDG_SESSION_TYPE=x11 gnome-session &gt; /dev/null 2&gt; /dev/null;
    "'
    RemoteProgram=""
    RemotePassword=""
    PrivateKey=""
    RemoteHost=""
    RemoteUser=""
    XDMCPHost=""
    XDMCPBroadcast="False"
    XDMCPIndirect="False"
    Clipboard="True"
     ClipboardPrimary="False"
    ExtraParams=""
    Wgl="False"
    DisableAC="False"
    XDMCPTerminate="False"
/>


VcXsrv,WSL有効化,Microsoft store からUbuntu18.04, ubuntu-desktopのインストール等を先に行っておく。
https://royalwin.blog.so-net.ne.jp/2019-01-13


また,dbusの再起動(sudo service dbus restart)を行っているので,Ubuntu ユーザーがパスワード無しで sudo できるよう/etc/sudoers ファイルに追記する。


atc5 ALL=NOPASSWD: ALL



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント