So-net無料ブログ作成

Arrows Tab WiFi WQ1/J Windows 8.1 クリーンインストール [Windowsタブレット]

IMG_20180701_100330
WQ1/J は QH55/J のカスタマイズモデル。2012年発売モデル。
CPUは Atom Z2760 Clover trail 32ビット。32bit UEFI。
PowerVRを kernel がサポートしてないため Linux は起動できずフリーズする。 
当該機は,UEFI BIOSセットアップユーティリティが起動できるのみで,リカバリ領域も失われていた。    
      
インストール用USBで Windows 8.1 をクリーンインストールしたが,再起動後Windows が起動できなかった。
(フリーソフトの RufusでWindows 8.1のISOファイルからUEFI/GPT指定でインストール用USBを作成した)    
WinPEを起動して,スタートアップ修復やbcdboot等実行しても,一向にWindowsが起動できなかった。   
別のUSB(Android-x86インストール用)のGrubからの起動で,Windowsデスクトップまで立ち上がったので,標準ブートローダーはあきらめて,rEFInd ブートローダーをインストールした。


1) コマンドプロンプト(管理者)でEFIパーティション(ESP)をBドライブにマウント


mountvol B: /s


2) rEFInd ブートローダーのインストール

rEFInd のZIPを解凍する。32bit UEFIなので,refind_ia32.efiとtools_ia32を残し,refind_*64.efi, tools_*64は削除する。
refind.conf-sample を refind.conf にリネーム。
refind デレクトリをESPにファイルをコピー。


xcopy refind-bin-0.11.2\refind B:\EFI\refind /E


3) EasyUEFI を使用して,UEFIに rEFInd のエントリを追加

create a new entryボタンで新規追加,Linux or Other OS,ディスクイメージでEFIパーティションを選択し,Browse ボタンでFile pathに refind_ia32.efi のパス(EFI\refind\refind_ia32.efi )を登録する。

4) Windows 8.1 を起動してデバイスドライバのインストール

FMVサポートサイトからドライバをダウンロードしてインストールする。   
一部のドライバはダウンロード提供されてない。


Broadcom GNSS Bus Driver - 47511
max Touch i2c boot bridge peripheral driver
Broadcom Serial Bus Driver over UART Bus Enumerator


driverpack solutionというサイトからドライバをダウンロードした。  


リカバリディスク,リカバリ領域が無い中Windows 8.1のクリーンインストールで以下の結果となった。


WiFi OK
Bluetooth OK
タッチパネル OK
画面回転 OK
サウンド OK
カメラ OK
MicroSD OK
バッテリモニタ OK
スリープ OK
休止状態 ? powercfg /a で利用可能と表示されるが設定できない。


  
    
 



nice!(1)  コメント(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント