So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

WSL で Kali Linux

Windows Subsystem for Linux は,Windows 10 に Linux 稼働環境を追加できる。  
WSL が入ってれば Windows で dig 等の Linux のコマンドが使える。
操作できるのはコマンドプロンプトだけと思っていたが,Voodoo-Kali であれば,簡単な手順で Linux のウインドウシステムがインストールできる。   
先ずはWSL と Kali Linux を普通にインストールする。
WSL はコントロールパネルの Windows の機能の有効化または無効化でインストールできる。 
 
wsl ins2     
   

Kali Linux は,Microsoft ストアからダウンロードする。  
Kali Linux を起動したら,コマンドプロンプトのバーの右クリックメニューから,プロパティを選択して簡易編集モードにチェックを入れるとテキストのコピーペーストができるようになる。

次に,Windows 10 に VcXsrv X Server をインストールする。
https://sourceforge.net/projects/vcxsrv/
インストール後に Windows ファーヤーウォールが表示されるので通信許可する。
タスクバーで起動している vcXsrv は右クリックメニューで exit する。

Kali Linux のコマンドプロンプトを開いて以下のとおり実行する。自分の場合 root で操作するので,sudo コマンドを使っている。

sudo –s
wget https://raw.githubusercontent.com/Re4son/WSL-Kali-X/master/install-WSL-Kali-X
bash ./install-WSL-Kali-X

実行中に,キーボードレイアウトの設定が表示されるので,Japanese を選択する。
インストールが終了すると,start-xfce というファイルが生成されるので,実行する。

./start-xfce

この画像のとおり Windows 10 のデスクトップに XFCE が起動する。
kaliwsl

voodoo-kali の作者は,java の安定性や見た目を改善中とのことだ。

   


nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント