So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

foobar 2000 ハイレゾファイルをダウンサンプリングしてCDを作成 [Stereo]

foobar 2000 のコンバート機能で,形式の異なる複数のハイレゾソースを,オーディオCDフォーマットのCD-Rにライトできる16bit 44.1kHz に一括変換した。
まず,foobar 2000 のコンポーネントに高音質の SoX resampler を追加する。
こちらからfoo_dsp_resampler_0.8.3.zipをダウンロードする。
https://hydrogenaud.io/index.php/topic,67373.0.html
foobar を起動してPreferences –> Components を開き,このzipファイルをドラック&ドロップしてapply ボタンを押す。
foobar のプレイリストで曲を選択し,右クリックメニューからconvert → 一番下の・・・を選択する。

converter setup2


Output format は WAV  16bit を選択する。
Processing はResampler(SoX)を選択して,Configure selected ボタンを押す。
converter setup


サンプルレートを44100Hz,QualityをBestにする。他の設定は意味が分からないのでデフォルト。
resampler settings


Coverter Setup ウインドウでConvert ボタンを押すと,ファイル出力先のパスを聞いてくる。
これで,DSDやFlacの曲も一括コンバートでダウンサンプリングできる。

44.1kHz 16bit のWAVファイルが出力されるので,EACでCD-Rに記録した。
出来上がったCDとハイレゾソースと聞き比べてみたが,どちらも高音質で違いは分からなかった。


Adobe Audition もバッチ処理機能があり,一括で再サンプリングできる。
有料ソフトなので音質がいいと評判のようなので,こちらでもダウンサンプリングした。
これも聞き比べで,違いは分からなかった。


高級ステレオではないので,この比較はあまり意味がないかもしれない。
そんなレベルのオーディオ環境だが,プレイヤーソフトを foobar から TuneBrowser  に変えてみたら,同じソースでもより高音質になった。



nice!(1)  コメント(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。