So-net無料ブログ作成

【Google Chrome OS の UI 日本語化】 [Google Chrome OS 登場]

日経Linux 2月号の特集「Chrome OS の全貌」で、Chrome OS のメニューなど UI の日本語化方法が分かった。
Chrome OS を起動して xterm を起動し、ps aux で chrome のプロセスを見てみると、
/opt/google/chrome/chrome --type=renderer --lang=en-US --force-......
となっている。
lang=を変更すれば日本語対応できそうだが --lang=は簡単には変更できないそうだ。
よって、/opt/chrome/locales ディレクトリ下の en-US.pak に ja.pak を上書きする。
日経Linux 掲載の方法とは少々異なるが、とりあえず Chrome OS ブラウザを日本語化してみる。

昨年の12月18日頃から、ibus-daemon が動かなくなっていたが、7日に fix されたようだ。

ibus の件もあるので、git から改めて最新ソースをダウンロード、ビルドした。
Chrome OS 用ブラウザは、chromium-rel-linux-chromiumos/ から最新スナップショットの chrome-linux.zip をダウンロードしてchromiumos.git/src/build/x86/local_assets/chrome-chromeos.zip にリネームして保存する。

build_all.sh でビルドが終了したら rootfs.image というファイルが生成されるので、マウントして chroot する。

$ cd chromiumos.git/src/build/images/0.5.27.201001090435-a1
$ sudo mount -o loop rootfs.image /mnt/rootfs
$ sudo chroot /mnt/rootfs
# cd /opt/google/chrome/locales
# mv en-US.pak en-US.pak.org
# cp ja.pak en-US.pak

日本語キーボード対応のため xorg.conf を書き換える。

# vi /etc/X11/xorg.conf

 

Option     "XkbModel"   "jp106"
Option     "XkbLayout"  "jp"

# exit
$

あとはいつも通り USB メモリに書き出す。

$ cd chromiumos.git/src/scripts
$ ./image_to_usb.sh --from=../build/images/0.5.27.201001090435-a1 --to=/dev/sdc

起動すると Chrome OS が日本語対応されている。

chrojp

IME の ibus-anthy は、xterm を起動して、ibus-setup を実行して設定すると以後半角/全角キーで起動するようになる。
設定方法は input method selection で japanese > anthy を選択し、Add ボタンを押すと anthy がセットアップできる。

 

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0