So-net無料ブログ作成

Windows 10 バージョン1709 の WSL でUbuntu 18.04 を使う。

xfce4-2st

(マイクロソフトStoreのubuntu AppはUbuntu 16.04 LTS)  

Windows Subsystem for Linux は,Windows 10 に Linux 稼働環境を追加できる。
WSL はコントロールパネルの Windows の機能の有効化または無効化でインストールする。
Windows 10 で動作するX-Window サーバ VcXsrv X Server をインストールすると GUI のデスクトップを表示できる。
VcXsrvをダウンロードしてインストールする。
VcXsrv X Server     https://sourceforge.net/projects/vcxsrv/

One DriveにUbuntu 18.04 のインストールファイルやセットアップ手順のパワーポイントがシェアされているので,ダウンロードする。
Place-In-Downloads-Directory-and-uncompress-to-here-then-start-1804-install.zip
Using Ubuntu 18.04 within w10 core 1709 Workstation Standards Setup.pptx
One Drive のリンク

ZIPファイルをダウンロードしたら解凍する。
フォルダの中の ubuntu.exe を右クリックしてタスバーにpin留めする。
タクスバーから ubuntu を実行するとインストールが始まる。しばらくするとプロンプトが表示されるので新規ユーザーを作成する。
bash でappのインストールを行う。前記のパワーポイントを少し簡略化している。

sudo apt-get update && sudo apt-get upgrade –y

sudo apt-get install –y xfce* xfce-* ubuntu-desktop
sudo apt-get install –y firefox

sudo add-apt-repository ppa:xubuntu-dev/experimental -y
sudo curl -s "https://keyserver.ubuntu.com/pks/lookup?op=get&search=0xEB563F93142986CE" | sudo apt-key add -
sudo apt-get update && sudo apt-get upgrade –y

.bashrc に追記する。

echo "export DISPLAY=localhost:0.0" >> ~/.bashrc
echo "export LIBGL_ALWAYS_INDIRECT=1" >> ~/.bashrc
echo "export NO_AT_BRIDGE=1" >> ~/.bashrc

bash をexitで一旦終了して,再度ubuntuを起動する。

前出のVcXsrv X Server のインストールでWindowsのメニュー等にXlaunchアイコンがある。Xlaunchを実行する。
One Large WindowまたはOne Large Window without titlebar を選択する。
次へはデフォルトで完了するとX Sever ウインドウが起動する。

ubuntu を実行して,bash で以下を実行する。

sudo service cron start && sudo service dbus start

xfceを実行する。

startxfce4

xfceが起動するのでパワーポイントに書かれているようにディスクトップのカスタマイズを行う。







nice!(1)  コメント(0) 

Windows 10 WSL で Ubuntu デスクトップ環境

Windows Subsystem for Linux は,Windows 10 に Linux 稼働環境を追加できる。  
WSL はコントロールパネルの Windows の機能の有効化または無効化でインストールする。
Ubuntu (アプリ)はWindows ストアで「Ubuntu」を入力して検索,インストールする。

Windows 10 で動作するX-Window サーバ VcXsrv X Server をインストールすると GUI のデスクトップを表示するができる。
ubuntu-wsl

VcXsrv X Server     https://sourceforge.net/projects/vcxsrv/

Ubuntu アプリをインストール後,コマンドプロンプトで ubuntu.exeを実行すると bash が起動する。
(1) bash でUbuntu をアップデートする。

sudo apt-get update
sudo apt-get upgrade


(2) デスクトップコンポーネントをインストールする。

sudo apt-get install ubuntu-desktop unity compizconfig-settings-manager

アップデートとデスクトップのインストールにはかなりの時間を要する。自分のPCは core i3 ノートで通信はADSL。計ってないが相当時間がかかった。 

(3) WindowsのメニューでXlaunchアイコンを押す。
Display settiongs の画面でMultiple以外のどれかを選択してX Serverを起動する。
ubuntu-wslxl

(4) X server にポートを切り替える。

export DISPLAY=localhost:0

(5) compizconfig settings manager を実行。

ccsm

Ubuntu Unity Plugin をチェックすると他の項目についてもメッセージが表示され確認するとチェックが入る。
wslccsm

(6) compiz を実行する。

compiz

参照したサイト
https://github.com/Microsoft/WSL/issues/637


nice!(0)  コメント(0) 

WSL で Kali Linux

Windows Subsystem for Linux は,Windows 10 に Linux 稼働環境を追加できる。  
WSL が入ってれば Windows で dig 等の Linux のコマンドが使える。
操作できるのはコマンドプロンプトだけと思っていたが,Voodoo-Kali であれば,簡単な手順で Linux のウインドウシステムがインストールできる。   
先ずはWSL と Kali Linux を普通にインストールする。
WSL はコントロールパネルの Windows の機能の有効化または無効化でインストールできる。 
 
wsl ins2     
   

Kali Linux は,Microsoft ストアからダウンロードする。  
Kali Linux を起動したら,コマンドプロンプトのバーの右クリックメニューから,プロパティを選択して簡易編集モードにチェックを入れるとテキストのコピーペーストができるようになる。

次に,Windows 10 に VcXsrv X Server をインストールする。
https://sourceforge.net/projects/vcxsrv/
インストール後に Windows ファーヤーウォールが表示されるので通信許可する。
タスクバーで起動している vcXsrv は右クリックメニューで exit する。

Kali Linux のコマンドプロンプトを開いて以下のとおり実行する。自分の場合 root で操作するので,sudo コマンドを使っている。

sudo –s
wget https://raw.githubusercontent.com/Re4son/WSL-Kali-X/master/install-WSL-Kali-X
bash ./install-WSL-Kali-X

実行中に,キーボードレイアウトの設定が表示されるので,Japanese を選択する。
インストールが終了すると,start-xfce というファイルが生成されるので,実行する。

./start-xfce

この画像のとおり Windows 10 のデスクトップに XFCE が起動する。
kaliwsl

voodoo-kali の作者は,java の安定性や見た目を改善中とのことだ。

   


nice!(0)  コメント(0)