So-net無料ブログ作成

HDMIダミープラグ HDMIの音声を分離してHi-Res出力 [Stereo]

HDMIオーディオコンバーターFX-AUDIO- HAC-02JはHDMIの音声を分離してRCAアナログ端子や光/同軸のデジタル端子に出力できる。
HAC-02JをHDMIでつないだのみでは,最大24bit 48kHz に制限されたが,HDMIダミープラグのEDIDエミュレーターで,24bit 192kHzまでのハイレゾオーディオソースが出力できるようになった。
hdmi2k


foobar 2000 では,Output – device でwasapi(event),Output format を24bitにして,ハイレゾオーディオソースを再生している。
ただし,エミュレーターのEDIDのオーディオサポート情報を以下のとおり再編集して,再書き込みしている。

Linuxで動作するプログラム edid-rw を使用して,HDMI接続でEDIDを読み書きできる。

Linuxは,Kali Linux 2017.1 (Debian)

apt-get install python-smbus edid-decode
apt-get install i2c-tools
git clone https://github.com/bulletmark/edid-rw
modprobe i2c-dev

エミュレーター(HDMIダミープラグ)をPCのHDMI出力端子に直接接続する。
約5秒で画面が切り替わるので,i2cバスの何番にエミュレーターが接続されているか調べる。

i2cdetect –l
cd edid-rw
./edid-rw 0  | edid-decode | more
./edid-rw 1 | edid-decode  | more
:
/edid-rw 5 | edid-decode | more

Extracted contents:
header:          00 ff ff ff ff ff ff 00
serial number:   19 9f 01 27 00 00 00 00 03 1b
version:         01 03
basic params:    80 3e 22 78 ea
chroma info:     1e c5 ae 4f 34 b1 26 0e 50 54
established:     2f cf 00
standard:        d1 00 d1 c0 b3 00 a9 c0 95 00 81 81 81 00 71 40
descriptor 1:    02 3a 80 18 71 38 2d 40 58 2c 35 00 e0 0e 11 00 00 1a
descriptor 2:    e2 68 00 a0 a0 40 2e 60 30 20 36 00 80 90 21 00 00 1a
descriptor 3:    56 5e 00 a0 a0 a0 29 50 30 20 36 00 80 68 21 00 00 1a
descriptor 4:    00 00 00 fc 00 48 44 4d 49 32 4b 0a 20 20 20 20 20 20
extensions:      01
checksum:        df

Manufacturer: FL_ Model 2701 Serial Number 0
Made week 3 of 2017
EDID version: 1.3

:

自分のケースでは,5番につながっていたので,エミュレーターのEDIDをバックアップする。

./edid-rw 5 > edid_orig.bin

Windowsを起動して AW EDID Editor で edid_orig.binを編集する。
オーディオサポート情報は,CEA Extension,Audio,
サポートするフォーマットやサンプリング周波数を変更追加する。

aw edid editor

更新したEDID情報 edid_upd.bin をLinuxにコピーする。

edid-decodeコマンドで内容を確認する。

edid-decode edid_upd.bin

エミュレーターのEDIDを更新する。

./edid-rw -w 5 < edid_upd.bin

更新内容を確認する。

./edid-rw 5 | edid-decode

EDIDは,256バイトのバイナリで,モニターやオーディオのサポート情報が記録されている。
当初は,EDIDをエディターで直接編集していたが,Windowsのソフト AW EDID EditorDeltacast E-EDID EditorではGUIで編集できる。
直接EDIDをviのバイナリーモードで編集する場合は,

vi -b edid_upd.bin
:%!xxd -> viで編集 -> :%!xxd -r -> :wq!

オーディオフォーマットのサポートは以下のとおり。

1 = Linear Pulse Code Modulation (LPCM)
  2 = AC-3
  3 = MPEG1 (Layers 1 and 2)
  4 = MP3
5 = MPEG2
  6 = AAC
  7 = DTS
  8 = ATRAC
  0, 15: Reserved
  9 = One-bit audio aka SACD
10 = DD+
11 = DTS-HD
12 = MLP/Dolby TrueHD
13 = DST Audio
14 = Microsoft WMA Pro

FX-AUDIO- HAC-02Jの DA コンバーター IC は PCM5102A であり,標準オーディオ(PCM)/圧縮オーディオ(AC3・DTS)対応なので,オーディオフォーマットのサポートは以下のとおりとした。

CE audio data (formats supported)
  LPCM    2-channel, 16/20/24 bit depths at 32/44/48/88/96/176/192 kHz
  LPCM    6-channel, 16/20/24 bit depths at 32/44/48/88/96/176/192 kHz
  AC-3    6-channel,  640k max. bit rate at 32/44/48 kHz
  DTS     6-channel, 1536k max. bit rate at 44/48 kHz

CE speaker allocation data
  Channel configuration.... 5.1
  Front left/right......... Yes
  Front LFE................ Yes
  Front center............. Yes
  Rear left/right.......... Yes
  Rear center.............. No
  Front left/right center.. No
  Rear left/right center... No
  Rear LFE................. No

foobar 2000 の wasapi(event)で,192kHzまでのハイレゾソースが再生できている。
HDMIダミープラグのエミュレーターはHDMI出力がないので,モニターが接続できない。
同じFUERANの製品で,HDMI出力もできそうなタイプのプラグもある。
FUERAN HDMI拡張表示標識データエミュレーターを通す、ビデオスプリッタ、スイッチとストレッチャーに用いられる


nice!(2)  コメント(0) 

P1000-Eにサブバッフル M800 [Stereo]

FOSTEX P1000-E が安く手に入ったので,サブバッフルを介してM800を取り付けてみた。
M800はSTEREO誌2016年8月号付録の8cmフルレンジユニット。
サブバッフルはコイズミ無線の既製品original W083 (φ79)
開口径79mm,外形寸法:110×110mm,厚さ9mmのMDF材


IMG_20170926_212711M800


10cmユニットのP1000Kが付いていたネジ穴に,M3×25mmのネジを差し込み,蝶ナットで固定するようにした。
サブバッフルには,ドリルでユニット取り付け用に2mmの下穴と,サブバッフル固定用のM3ネジを通すための4mmの穴をあけた。


パワーポイントでサブバッフル110mm×110mmの図を作りシミュレーションした。
円は,内側がサブバッフルの開口部径79mm,外側がP1000-Eの開口部径94mm。
点は,ネジ穴の位置で,内側がM800用89mm,外側がP1000K用116mm。

サブバッフル


Amazon のスピーカーボックスのランキングでは,P800-Eが1位,P1000-Eが2位となっている。
安価だから売れてるのかもしれないが,中国製でも作りが丁寧でちゃんとしているので,いい製品だと思う。
バフレフのダクトは紙製で内側が黒く塗られている。


サブバッフルを付け外しすれば,8cmと10cmのユニットを取り付けることができる。
この後,サブバッフルを一旦外してラッカーで塗装したので,やや見栄えはよくなった。
また,サブバッフルとエンクロージャーのP1000-Eが密着するよう,サブバッフルの裏側に水性の液体ゴムを塗った。



nice!(0)  コメント(0) 

AVCHDの音声でCD作成 [Stereo]

子供の音楽会のビデオ録画から,音声を抽出してCDを作成した。
3種のフリーソフトを使っているが,手間も時間もかからない。

tsMuxeR

Demuxボタンで,AVCHDからAC3ファイルを抽出する。

えこでこツール
AC3 -> WAV 44.1kHz にする。

Imgburn

CD作成


nice!(1)  コメント(0)