So-net無料ブログ作成
検索選択
USBメモリによるXPインストール ブログトップ

【 Windows 7 をUSBメモリでインストール 】 [USBメモリによるXPインストール]

Microsoft が Windows 7 を USB フラッシュメモリからインストール可能にするツールを提供する。

MS、「Windows 7」をUSBドライブからインストール可能にするツールを提供:ニュース – CNET Japan

Windows-7-USB-DVD-Download-Tool_1

4GB 以上の USB メモリが必要となる。
ダウンロードした Windows 7 の ISO イメージを USB メモリに書き込み、起動可能なWindows 7 インストール用 USB メモリを作成するツールだ。 
ネットブックユーザーの Windows 7 移行促進のために無料提供される。

Windows 7 はなんか良さそうだ。ちょっと欲しくなっている。

 


【USBメモリから Windows をインストール(2)】フリーソフト:WinToFlash [USBメモリによるXPインストール]

Windows セットアップ用 USBメモリから Windows をインストールする方法は以下の利点がある。

1) セットアップの高速起動
    インストールCDでは setup is loading files... 等でしばらく待つが、USBメモリでは「セットアップの開始」がすぐに表示される。
2) ファイルコピーも早く、全体的な時間短縮が図れる。
3) 光学ドライブの付いていないノートでクリーンインストールしたい時に便利。

「 WinToFlash 」は、数回のクリックで簡単に Windows セットアップ用 USB メモリが作れるフリーソフトだ。
http://wintoflash.com/home/en/
サポートしているセットアップディスクは、Windows XP, Windows 2003, Windows Vista, Windows 2008, Windows 7 。 
(未確認だが Windows のLive USB も作れるらしい)

ASUS P5W-DHのマシンでは作成したWindows XP セットアップ用 USB メモリで「Windows セットアップの開始」まで進めることできたが、MSI Wind U100 では何故か起動できなかった。
WinToFlashのバージョンは 0.4.0008 beta なので、まだ問題があるのかもしれない。

WinToFlash でうまくいかなかったら、前記事の「 USB から Windows XP をインストール」を試してみてもらいたい。

WinToFlash はウィザード形式なので簡単だ。
WinToFlashを起動する前に、Windows XP のセットアップディスクをCDドライブに入れ、用意した USBメモリを挿しておく。
(USBメモリはフォーマットされるので注意)
WinToFlash を起動してウィザードを選択する。

wintoflash1

CDドライブとUSBメモリのドライブレター等を入力等して実行すると、転送が始まる。
イメージ8
Windows XP なら所要時間はたったの6分だった。

セットアップ用 USB メモリが作成できたら、BIOS設定で起動順序を変え USBメモリを優先にするか、起動選択を表示して USBメモリから起動する。
ブートローダーが起動したら、1st. text mode setup ...の方を選択し、Windows Setupが始まったらあとはCDインストールと同様の操作でインストール可能だ。


【USBメモリから XP をインストール】 [USBメモリによるXPインストール]

xpset

XP のインストールCD から USBメモリにファイルをコピーして、 USBメモリから XP をインストールする方法を調べてみた。
メリットは、
1) セットアップの高速起動
    インストールCDの場合は setup is loading files... 等でしばらく待つが、USBメモリでは「セットアップの開始」がすぐに表示される。
2) ファイルコピーも早く、全体的な時間短縮が図れる。
3) 光学ドライブの付いていないノートでクリーンインストールしたい時に便利。

USBメモリから XP のインストール手順はインストールCDの場合とほとんど変わらない。

続きを読む


USBメモリによるXPインストール ブログトップ