So-net無料ブログ作成
検索選択
ubuntu torrentflux ブログトップ
前の3件 | -

【ubuntu 8.10 server で WPA-PSK TKIP 無線LANクライアント設定】 [ubuntu torrentflux]

アクリルケースにDell latitude L400のマザーボードを収容したPCに無線LANクライアント設定(WPA-PSK)した。
OSはubuntu 8.10 server。
USB無線LANアダプタはバッファローWLI-U2-KG54L。
l400-1_2

XPやVistaのPCはWPAをGUIで簡単に設定できる。
GUIで設定すれば、簡単に設定できるのかもしれないが、ubuntu serverにはXを入れていないのでコンソールからマニュアルでWPA関連の設定を行った。

ubuntu 8.10 serverでの設定。

wpa_passphraseコマンドを実行。SSIDとパスフレーズを指定する。
root@ubuntu:~# wpa_passphrase myssid mypassphrase1234
network={
   ssid="myssid"
   #psk="mypassphrase1234"
   psk=13e87467fe38a7f54f63a046ec7b4bfed174a17210(略)
}

実行結果の中のpsk=[緑色の文字列]を/etc/wpa_supplicant.confに書き込むのでクリップボードにコピーしておく。

wpa_supplicant.confを新規作成して、以下の設定を書き込む。psk=に先ほどのwpa_passphraseコマンドの実行結果を書き込む。
root@ubuntu:~# vi /etc/wpa_supplicant.conf
-----
ctrl_interface=/var/run/wpa_supplicant
network={
  ssid="myssid"
  scan_ssid=1
  proto=WPA RSN
  key_mgmt=WPA-PSK
  pairwise=CCMP TKIP
  group=CCMP TKIP
  psk=13e87467fe38a7f54f63a046ec7b4bfed174a17210(略)
}
-----

起動時に自動で接続するために、/etc/network/interfacesに以下の設定を書き込む。
root@ubuntu:~# vi /etc/network/interfaces
-----

auto wlan1
iface wlan1 inet static
        address 192.168.0.101
        netmask 255.255.255.0
        gateway 192.168.0.1 
        dns-nameservers 192.168.0.1
pre-up wpa_supplicant -B -Dwext -iwlan1 -c/etc/wpa_supplicant.conf
post-down killall -q wpa_supplicant
------

このパソコンはwlan1が無線LANアダプタのデバイス名。無線LANアダプタのデバイス名は、iwconfigコマンドで確認できる。
サーバなのでIPアドレスは192.168.0.101/24固定としている。
ゲートウェイとDNSは自分のアクセスポイントのIPアドレス192.168.0.1だ。

最後の2行、pre-up/post-downでwpa_supplicantを起動/終了している。
wpa_supplicant -B -Dwext -iwlan1 -c/etc/wpa_supplicant.conf
wlan1は無線LANアダプタのデバイス名。

参考URL: http://ubuntuforums.org/showthread.php?t=263136


タグ:ubuntu server

【アクリル板でシャーシ作り ubuntu server 8.10】ダイナミックDNSにIPを報告するddclientのインストール [ubuntu torrentflux]

l400-1

Dell Latitude L400(moble pentium iii 700MHz)のマザーボードを搭載したアクリルシャーシを作成して、ubuntu serverを稼動させている。

ubuntu serverではブラウザで動かすbittorrentクライアントtorrentfluxが動いているが、外部からもtorrentfluxにアクセスできるようにADSLルータにポートマッピングを設定した。

ルータのグローバルIPアドレスは、ADSLルータが再起動する度に変更されるので、ダイナミックDNSにルータのグローバルIPアドレスを送信してくれるddclientをインストールした。
http://mexpolk.blogspot.com/2008/01/ubuntu-gutsy-dyndns-client-setup.html

WindowsパソコンからDynDNSにアクセスしてMyアカウントを作成した。
https://www.dyndns.com/services/dns/dyndns/howto.html

ubuntu serverにteratermでアクセスしてddclientをインストールする。
sudo -s
aptitude install ddclient

インストーラが起動して日本語の設定ウィザードが表示される。

ddcl

設定ウィザードでDynDNSの登録ホスト名、登録ユーザー名、パスワードも入力する。
最後の画面はインターフェースの設定?webと入力した。NICのデバイス名?

ddcl2

インストール後テストしてみるとNGとなった。
root@ubuntul400:~# ddclient -daemon=0 -verbose
WARNING:  unable to determine IP address


上のページを参考に/etc/ddclient.confを変更した。
# Configuration file for ddclient generated by debconf
#
# /etc/ddclient.conf

daemon=300
pid=/var/run/ddclient.pid
protocol=dyndns2
#use=if, if=web
use=web
server=members.dyndns.org
login=ユーザ名
password='パスワード'
ホスト名.blogdns.com

再度テスト?→成功!
root@ubuntul400:~# ddclient -daemon=0 -verbose
CONNECT:  checkip.dyndns.org
CONNECTED:  using HTTP
SENDING:  GET / HTTP/1.0
SENDING:   Host: checkip.dyndns.org
SENDING:   User-Agent: ddclient/3.7.3
SENDING:   Connection: close
SENDING:
RECEIVE:  HTTP/1.1 200 OK
RECEIVE:  Content-Type: text/html
RECEIVE:  Server: DynDNS-CheckIP/1.0
RECEIVE:  Connection: close
RECEIVE:  Cache-Control: no-cache
RECEIVE:  Pragma: no-cache
RECEIVE:  Content-Length: 106
RECEIVE:
RECEIVE:  <html><head><title>Current IP Check</title></head><body>Current IP Address: XXX.98.XXX.223</body></html>
SUCCESS:  ホスト名.blogdns.com: skipped: IP address was already set to XXX.98.XXX.223

これで外部から名前でアクセスできるか確認してみる。
http://htmllint.itc.keio.ac.jp/htmllint/htmllint.html

このページでURLを入れてみて、HTMLがチェックされれば成功だ。
http://ホスト名.blogdns.com/torrentflux/html


【アクリル板でシャーシ作り ubuntu server 8.10】 [ubuntu torrentflux]

Dell製モバイルノート Latitude L400(Pentium iii 700MHz)のマザーボードを搭載するアクリル板のシャーシが完成した。

l400-11 
サイズはD160mm W270mm H30mmのネットブック型だ。
l400-1 
アクリル板はホームセンターで購入した2mm厚だが、アクリル板カッターで切り出した。
パーツはグルーガンで接着した(グルーガンはホームセンターで700円)。
hotgun
 
熱で溶けだすボンドを接着したいところに流し込めば、10秒で硬化して、かなり強力に接着できる。
l400-2 
アクリル板にはハンドドリルで穴あけをして、通気穴とした。
l400-5 
コネクタ等の穴もハンドドリルで穴あけして、ニッパー、カッター、やすりなどで整形した。
l400-3のコピー
 
マザーボードは両端に2mmのねじ穴のある樹脂製スペーサー10mm(赤丸)で固定している。
314-02_1.jpg

ubuntu serverは無事起動して、無線LANで我が家のプライベートネットワークにつながっている。
ルータでポートマッピングを行い、ダイナミックDNSに登録したので、外部からのアクセスも成功した。
次回はその記事を書く予定。

我が家もクリスマスモードでツリーを飾っている。

tree


前の3件 | - ubuntu torrentflux ブログトップ