So-net無料ブログ作成
2018年03月| 2018年04月 |- ブログトップ

WSL で Kali Linux

Windows Subsystem for Linux は,Windows 10 に Linux 稼働環境を追加できる。  
WSL が入ってれば Windows で dig 等の Linux のコマンドが使える。
操作できるのはコマンドプロンプトだけと思っていたが,Voodoo-Kali であれば,簡単な手順で Linux のウインドウシステムがインストールできる。   
先ずはWSL と Kali Linux を普通にインストールする。
WSL はコントロールパネルの Windows の機能の有効化または無効化でインストールできる。 
 
wsl ins2     
   

Kali Linux は,Microsoft ストアからダウンロードする。  
Kali Linux を起動したら,コマンドプロンプトのバーの右クリックメニューから,プロパティを選択して簡易編集モードにチェックを入れるとテキストのコピーペーストができるようになる。

次に,Windows 10 に VcXsrv X Server をインストールする。
https://sourceforge.net/projects/vcxsrv/
インストール後に Windows ファーヤーウォールが表示されるので通信許可する。
タスクバーで起動している vcXsrv は右クリックメニューで exit する。

Kali Linux のコマンドプロンプトを開いて以下のとおり実行する。自分の場合 root で操作するので,sudo コマンドを使っている。

sudo –s
wget https://raw.githubusercontent.com/Re4son/WSL-Kali-X/master/install-WSL-Kali-X
bash ./install-WSL-Kali-X

実行中に,キーボードレイアウトの設定が表示されるので,Japanese を選択する。
インストールが終了すると,start-xfce というファイルが生成されるので,実行する。

./start-xfce

この画像のとおり Windows 10 のデスクトップに XFCE が起動する。
kaliwsl

voodoo-kali の作者は,java の安定性や見た目を改善中とのことだ。

   


nice!(0)  コメント(0) 

木製スピーカースタンド

WAKATSUKI ST-100W と思われる木製スピーカースタンドを入手した。
高さは45cm。

IMG_20180408_204447

メーカーの若月製作所は10年前に倒産しているので中古品だ。
材質はパーチクルボードのようだが,1本約4Kgとずっしりとしている。
支柱は,回りを計ってみると30cmもあり,中もつまっている。
天板や底板も叩いてみると,低い音がするので材質は硬くしまっているようだ。
若月製作所は,オーディオラックの有名なメーカーだったようで,やはりメーカー製はきちんとしており,ステンレスパイプで作った鉄製のスタンドよりも低音が鳴り,響きも良くなった。
スピーカースタンドはいかにも自分で作れそう(メーカー製品はかなり高額)だが,ホームセンターはパイン等加工が容易な木材が多く,比重が高く硬い木材は取り扱いが少ない。また,硬い木材は加工も難しい。
重いスピーカーを安定して支えられるスタンドを作るためには,硬い材料での厚みがある天板及び底板と強度がある支柱が必要となる。
木工ドリルくらいしか持ってないので,自分でそれなりのものを作るのは難しい。

小型スピーカーは,床よりも高い位置に置くと高音域がきれいに聞こえるようになる。ラックが置けるような広い部屋ではないのでスピーカースタンドは,必須となっている。
本当はもっとずっしりした鉄製のスピーカースタンドが欲しいと思っており,支柱の中空部に砂を入れる人が多くいるようなので,砂浜で砂鉄を集めて支柱に入れようと考えている。


nice!(0)  コメント(0) 

2018年03月|2018年04月 |- ブログトップ