So-net無料ブログ作成
2017年10月| 2017年11月 |- ブログトップ

foobar 2000 ハイレゾファイルをダウンサンプリングしてCDを作成

foobar 2000 のコンバート機能で,形式の異なる複数のハイレゾソースを,オーディオCDフォーマットのCD-Rにライトできる16bit 44.1kHz に一括変換した。
まず,foobar 2000 のコンポーネントに高音質の SoX resampler を追加する。
こちらからfoo_dsp_resampler_0.8.3.zipをダウンロードする。
https://hydrogenaud.io/index.php/topic,67373.0.html
foobar を起動してPreferences –> Components を開き,このzipファイルをドラック&ドロップしてapply ボタンを押す。
foobar のプレイリストで曲を選択し,右クリックメニューからconvert → 一番下の・・・を選択する。

converter setup2

Output format は WAV  16bit を選択する。
Processing はResampler(SoX)を選択して,Configure selected ボタンを押す。
converter setup

サンプルレートを44100Hz,QualityをBestにする。他の設定は意味が分からないのでデフォルト。
resampler settings

Coverter Setup ウインドウでConvert ボタンを押すと,ファイル出力先のパスを聞いてくる。
これで,DSDやFlacの曲も一括コンバートでダウンサンプリングできる。

44.1kHz 16bit のWAVファイルが出力されるので,オーディオCD作成にいつも使っているEACでCD-Rに記録した。
作ったCDを元のハイレゾソースと聞き比べてみたが,CDもいい音質で違いは分からなかった。

Adobe Audition もバッチ処理機能があり,一括で再サンプリングできる。
有料ソフトなので音質がいいと評判のようなので,こちらでも再サンプリングしてみた。
これも聞き比べで,違いは分からなかった。

高級なステレオではないので,この比較の意味はあまりないと思う。
ただし,いいソースであれば自分のステレオでもいい音となる。
そんなレベルだが,プレイヤーソフトを foobar から tunebrowser  に変えてみたら,同じソースでもより良く聞こえるようになった。
そのことについては,次に書く。


nice!(1)  コメント(0) 

BFAタイプのバナナプラグ [Stereo]

ヴィボー オーディオ 24K 金メッキ BFAタイプ バナナプラグ 8本セット収縮チューブ付
BFAは、British Federation of Audio。
プラグ部分が筒状になっていて、アンプやスピーカーのプラグに押し込むと、タイトにはまるので、電導が非常に良さそうだ。
BFAP1080671

スピーカーケーブルは上下2か所のネジで固定する。スピーカーケーブル(撚り線)の末端に銅線(単線)を巻き付けてハンダ付けしている。その詳細はこちら


nice!(2)  コメント(0) 

2017年10月|2017年11月 |- ブログトップ