So-net無料ブログ作成

Windows 10 バージョン 1709 の WSL で Kali Limux を使う。

kalixfce4-2


Windows Subsystem for Linux は,Windows 10 に Linux 稼働環境を追加できる。
WSL はコントロールパネルの Windows の機能の有効化または無効化でインストールする。
Windows 10 で動作するX-Window サーバ VcXsrv X Server をインストールすると GUI のデスクトップを表示できる。
VcXsrvをダウンロードしてインストールする。
VcXsrv X Server     https://sourceforge.net/projects/vcxsrv/


Kali Linux (アプリ)はWindows ストアで「Kali」を入力して検索,インストールする。
Kali アプリを実行するとbash が起動する。又はコマンドプロンプトで,kali.exe を実行する。


C:\WINDOWS\system32>kali


update  upgrade して,xfce をインストールする。Whisker Menuプラグインをインストールする。


sudo su -
apt-get update && apt-get upgrade
apt-get install -y kali-desktop-xfce xorg
apt-get install -y xfce4-whiskermenu-plugin


シェルスクリプト start-xfce を作成する。Windowsのアプリ vcxsrv.exe を実行後,xfce を起動する。xfce でログアウトで終了するとtaskkill.exe がvcxsrv.exe を終了する。 


#!/bin/sh
/mnt/c/Program\ Files/VcXsrv/vcxsrv.exe  :0 -ac -nodecoration &
export DISPLAY=localhost:0.0
export LIBGL_ALWAYS_INDIRECT=1
export NO_AT_BRIDGE=1
startxfce4
/mnt/c/Windows/System32/taskkill.exe /IM vcxsrv.exe /T /F


xfce を起動する。


./start-xfce


デフォルトのデスクトップ


kalixfce4-1st


セッティングでダークにカスタマイズする。
アプリランチャー(panel 2)は使わないので削除する。アプリメニュー(panel 1)は Whisker Menu にする。アピアランスはVibrancy-Kali-Full-Dark。


kalixfce4-4


セッティングのPower Manager でディスプレイオフにならないよう調整する(never)。
キーボードレイアウトは,最初からjapanese になっていた。
Core i 3 mem 4GB のノートPCでも軽快に動作する。タスクマネージャーで見るとリソースの消費も少ない。
Kali linux のパッケージのインストールもできるが nmap が動作しない等色々制約がある。


apt-get install kali-linux-top10


デスクトップマネージャでは xfce と LXDE が起動したが,Gnome と KDE は起動できなかった。
xfce であってもコマンドプロンプト(コンソール)に沢山エラーメッセージが出る。安定性は分からない。


  



nice!(1)  コメント(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント