So-net無料ブログ作成

Windows 10 WSL で Ubuntu デスクトップ環境

Windows Subsystem for Linux は,Windows 10 に Linux 稼働環境を追加できる。  
WSL はコントロールパネルの Windows の機能の有効化または無効化でインストールする。
Ubuntu (アプリ)はWindows ストアで「Ubuntu」を入力して検索,インストールする。

Windows 10 で動作するX-Window サーバ VcXsrv X Server をインストールすると GUI のデスクトップを表示するができる。
ubuntu-wsl

VcXsrv X Server     https://sourceforge.net/projects/vcxsrv/

Ubuntu アプリをインストール後,コマンドプロンプトで ubuntu.exeを実行すると bash が起動する。
(1) bash でUbuntu をアップデートする。

sudo apt-get update
sudo apt-get upgrade


(2) デスクトップコンポーネントをインストールする。

sudo apt-get install ubuntu-desktop unity compizconfig-settings-manager

アップデートとデスクトップのインストールにはかなりの時間を要する。自分のPCは core i3 ノートで通信はADSL。計ってないが相当時間がかかった。 

(3) WindowsのメニューでXlaunchアイコンを押す。
Display settiongs の画面でMultiple以外のどれかを選択してX Serverを起動する。
ubuntu-wslxl

(4) X server にポートを切り替える。

export DISPLAY=localhost:0

(5) compizconfig settings manager を実行。

ccsm

Ubuntu Unity Plugin をチェックすると他の項目についてもメッセージが表示され確認するとチェックが入る。
wslccsm

(6) compiz を実行する。

compiz

参照したサイト
https://github.com/Microsoft/WSL/issues/637


nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント