So-net無料ブログ作成
検索選択

スピーカーケーブルの末端処理

バックロードホーンの制作ヤマハスピーカーのエッジ張り替えデジタルアンプの購入で,最近は毎日音楽を聴きながら,音質向上のためになにをすべきか,ネットで調べている。
speakerstereo

アンプとスピーカー,どの組み合せも,インストルメンタルでは同じように聞こえる。
ただし,ボーカルがあると,YAMAHA Top-ART の組み合わせがいい様に感じる。
人間の声は聞きなれているので,違いが分かりやすいのかもしれない。

スピーカーケーブルの末端処理で音質向上が図れるとの情報があった。
適当な銅線があれば可能で,費用は掛からない。

スピーカーケーブル(撚り線)の末端に銅線(単線)を巻き付けてハンダ付けする。
termicable

このスピーカーケーブルは撚り線で,細線の集まりなので柔軟性が高い代わりに,伝送特性は単線より劣るとのことだ。
http://www.aim-ele.co.jp/tech/metal-tech8/

1.2mm の銅単線ケーブルをホームセンターで購入した。
1.2mm の銅線は,単線では割と硬く,手でスピーカーケーブルの末端に3,4回巻き付けるのはかなり大変だった。
電気工事で使われるVVFケーブルの銅線は,単線でも太さが 1.6mm 以上なので,手では難しかった。




nice!(2)  コメント(0) 

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント