So-net無料ブログ作成

I-O データ AV-LS500LE ファームウェアハック -- Part 3 [アイオー AV-LS500LE]

前の記事の方法の応用で,このEM7075用カスタムファームウェアをAV-LS500LEのフラッシュに書き込んだ。
EM7075 homebrew

ただし付属のリモコンは使えない。
irkernel.ko というモジュールがリモコンに関係あるようだが,リモコンをどう処理しているのかが分からない。

telnet接続で,以下のコマンドを入力すると画面の操作ができる。

echo u > /tmp/ir_injection   (上へ)
echo d > /tmp/ir_injection   (下へ)
echo l > /tmp/ir_injection   (左へ)
echo r > /tmp/ir_injection   (右へ)

これを利用して作られたWindows用のリモコンアプリがある。

wdlstvremote
WDTV Live - Remote Controller and More Web Site

このアプリでは,リモコンボタンのクリックの他,PCの矢印キーやエンターキーも操作に使える。
Androidでも同様のアプリがあるので,AndroidもAV-LSのリモコン代わりにもできると思う。

一方,カスタムファームでの起動で,付属のリモコンを使えるようしたいが,仕組みが分からない。
irkenel.ko というモジュールがリモコンに関係ありそうなので,カスタムファームとAV-LSのファームの irkernel.ko をcmpコマンドで比較したら同じだった。
リモコンレシーバーがEM7075とは異なるのかもしれない。
AV-LSファームでの起動メッセージにはSMP86XX ir driver loaded という出力がある。

AV-LS

firmware reload succesful
ir: cannot get major number
insmod: cannot insert '/lib/modules/irkernel.ko': Device or resource busy
SMP86xx ir (253:0): driver loaded (wait_period = 30ms, buffer_size = 2)
Tango3 frequency scaling module installed, (standby mode supported).
sh: f1f1: unknown operand
sh: sisi: unknown operand

EM7075

firmware reload succesful
modprobe: module r8169 not found
modprobe: failed to load module r8169
insmod: cannot insert '/lib/modules/irkernel.ko': Device or resource busy
insmod: cannot insert '/lib/modules/llad.ko': File exists

 


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(1) 

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 1