So-net無料ブログ作成
検索選択

【Fonera FON2405e でカスタムファームウェア導入】 [OpenWRT/DD-WRT]

FON2405E/2305E のカスタムファームが、Hot Tuna Labs で、公開されている。
カスタムファームに書き換えると、オリジナルファームより高機能になる。(bridge, AP clientモードの設定、telnet 接続、WPS)
ファーム書き換え操作は、FON の基板上の serial(J2)に直接接続して行った。
ケース底の4か所のラバーの下にネジがある。トルクスねじが使われているので,トルクスドライバーでネジを外せば、簡単にケースが開き、基板が取り出せる。
2305Eとは異なり,serial(J2) がふさがっている。
このように serial のピン部分にハンダを予め載せておき,ピンヘッダーを取り付けた。
P1070023
パソコンと FON は、serial – USB 変換の FT232RL 及び、LANケーブルで接続した。FT232RL は秋葉の秋月電子で購入。赤い電線はメス-メスのジャンパー延長線
パソコンは Windows 7 。FON のLANは、黒コネクタ(computer)。
P1070022
FT232RL と FON 基板の JP2 との接続(赤い線)。囲み線のあるピンが、1:VCC

pin FON2405eのJP2 pin FT232RL
1 VCC (つながない)   -
2 RXD 1 TXD
3 TXD 5 RXD
4 GND 24 GND


PC に、FT232RL ドライバ(Virtual COM Port Driver)が必要。DLはこちら
PC と FT232RL をUSB 接続し、TeraTerm でシリアルポート設定を行う。ボーレートは 57600 にする。
57600 bps, data 8 bit, parity none, stop 1 bit

PC の LAN 設定、IPアドレス 10.10.10.3/24 を設定する。

カスタムファームのイメージファイル ralink-custom-20100813.img作者のサイトからPC にダウンロードする。
PCで、tftp サーバを起動する。tftpd32 tftpd32 standard edition (zip)
Current Directory に ralink-custom-20100813.img が保存されているディレクトリを指定する。
Server interfaces は 10.10.10.3

FON を電源ONすると、そのままオリジナルファームウェアが起動してしまう。
リセットスイッチを押しながら電源ONすると、choose the operation で止まるので、「2」 を入力し、リセットスイッチ離す。赤字部分が入力。

Please choose the operation:
   1: Boot system code via Flash (default).
   2: Load system code then write to Flash via TFTP.
   3: Entr boot command line interface.
reset pressed for 2 seconds

You choosed 2

2: System Load Linux Kernel then write to Flash via TFTP.
Warning!! Erase Linux in Flash then burn new one. Are you sure?(Y/N) y [enter]
Please Input new ones /or Ctrl-C to discard
        Input device IP (10.10.10.200) ==:10.10.10.200[enter]
        Input server IP (10.10.10.3) ==:10.10.10.3[enter]
        Input Linux Kernel filename (fonita.img) ==:ralink-custom-20100813.img[enter]

カスタムファームウェア ralink-custom-20100813.img が tftp サーバから FON に転送され、フラッシュが書き換わる。
その後自動的にカスタムファームが起動する。

Web管理画面は、http://10.10.10.254/
user/pass は、admin/admin 
webserv_thumb2

telnet 接続は、10.10.10.254
user/pass は、admin/admin
term_thumb2

 


nice!(3)  コメント(4)  トラックバック(4) 

nice! 3

コメント 4

BUDDY

シリアル接続部分の写真を拝見し分かったのですが、
私はFON側ピンの1(VCC)と2(RXD)間に
1KΩの抵抗を入れてファームウェアーの書き換えが
出来ましたが、設定が判らず中断しています。
by BUDDY (2011-12-21 00:36) 

まつじい

私はLinux環境(cutecom)で作業しました。
ralink-custom-20100813.imgを指定するところで
「ralink-custom-20100813.img」を入力すると「fonita.img」が頭に付き「fonita.imgralink-custom-20100813.img」というファイル名になってしまいました。この対策として/var/lib/tftpboot 内で cp ralink-custom-20100813.img fonita.img とし、[enter]の入力のみで対処しました。
by まつじい (2012-04-05 11:37) 

sy

あなたの記事を見て無事成功しました

・トルクスドライバーが無かったので100均の2mm幅マイナスドライバーで代用した
・ブレッドボードとはんだセットが無かったのでビニールテープと指圧(笑)で代用した
・FT232RLとFON2405Eをジャンパコードのオスオスで接着した
・Teratermとtftpd32を使った
・WindowsXPではインターフェースがdownしたままだったのでWindows7を使った

最初の「2」を押しても端末上に表示されなくて焦りましたがリセットボタンを話すとすんなり動いてくれました。
by sy (2012-09-17 12:27) 

atc-500

2を入力してリセットスイッチを離すタイミングが難しいです,1息おいて離す感じでしょうか。

by atc-500 (2012-09-18 09:31) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 4